Second Lifeの日々の実験や考察、バーチャルアダルトグッズや家具のレビュー。

Second Life1週間のまとめ!Sansarのレイオフなど。

Sansarスタッフの解雇

SansarはSecond Lifeのリンデンラボが運営しているVRのサービスです。Sansarに関わる数名のスタッフにレイオフが行われたようです。SansarのスタッフにはSecond Lifeに関わっていたスタッフも大勢いるようです。

レイオフは聞き慣れない言葉でしたので調べました。本来は一時解雇の意味のようでが、今は整理解雇の意味が強いみたいです。今回のレイオフはSecond Lifeをよりよいものにするためにつながるらしいです。 SansarからSecond Lifeにスタッフが移動するというのは以前もありました。

Second Lifeは今アマゾン ウェブ サービス(AWS)に移行するために忙しくしているのかもしれません。いくつかの新機能の実装が止まっているのは事実です。

レガシーネームの再実装もまだ始まってません。名前コンテストの結果のときになにかあるかもしれません。コンテストの応募人数はおよそ2300人だったそうです。また新しくできるベッリセリア大陸も準備が進んでいます。

Maitreyaアップデート。スクリプトを再構築したのはなんと…

2月1日にメジャーアップデートしたMaitreya。ファッション系のブログで話題に上がった。ニップルの話や、BoMの話が多い印象。RLV製作者がスクリプトを作り直したというのは話題に上がっていなかった。

BoMは未だに多くの方が混乱しているようです。非常に理解しにくい仕組みです。

MaitreyaのMOD系はBoM対応製品が多くなってきました。V-TechやApricot Paws: Bento Handy Paws (Female)などの製品はBoMに対応。

BoMの利用範囲が徐々に広がる

Bento Handy Paws はskinと手足をなじませるためにBoM用のTattooがはいってました。Legacyには対応してませんでしたが。 Apricot PawsのFurry足はLegacyに対応していたので Pawsの方も近いうちにでるかもしれません。

BoMの試しでHappy Paw – Foxcat head bentoをBoM化しましたが問題なく行けそうです。M4と同じようなskinなので顔と目それぞれ2箇所つかう形がよさそうですね。

ASRのヘッドもBoM化ができました。ヘッドのTattooが分かりづらいという問題もあって、BoM化にすれば恩恵が得られそうです。BoMでhairBaseもつくれますし、頭の一部を非表示にすることも可能になります。このことで多くの問題が解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です