Second Lifeの日々の実験や考察、バーチャルアダルトグッズや家具のレビュー。

SnowPastelのお店ができた!

写真は、すのぱすちゃんです。お菓子の妖精です。お店のお手伝いをしてくれます。全身BoM済み。今回勉強のためにskinと口紅やまつ毛、eyes、tattooすべて自作になりました。次は爪ですね。

仮想世界のお店と通販サイト

anicoのモールでお店の場所を借りました。

1週間200リンデンドルのレンタル店舗です。Second Life初めてからここまで来るのに1年もかかってしまいました。とりあえずお店をつくってから商品を考えるスタンスです。いつものです。

この商品はリンデンドルで購入できます。リンデンドルはアメリカドルに換金できる通貨です。

また、マーケットプレイスもできました。これは仮想世界の通販サイトですね。セカンドライフの世界のAmazonです。即時配送で配送料も手数料もなく購入できます!

マーケットプレイスは無料で出店できますが、販売時に売上の10%が手数料で引かれます。さらに出店にはクレジット決済でリンデンドルを購入していること、アバターの年齢が5日までのアカウントは出店できません。すのぱすちゃんがお店を開けなかった理由は年齢5日制限に引っかかったためですね。

今回の商品は110リンデンドルで販売してます。この場合は99リンデンドルが私に入ります。モールで購入されると10リンデンドル安く購入できて、1リンデンドルが私に多くはいります。買いやすい方で購入してくださいね。

BDSM関連商品はどうなる?

もともとBDSM関連の商品の開発をしてきたお店「almandite」は本来の用途に戻ります。いままで「SnowPastel」が委託販売していたような形ですね。

「almandite」 は完全に個人のお店です。しかもアダルトのジャンルです。それにたいして 「SnowPastel」 は同名のグループ全員で関われるお店です。年末年始に行っただきまくら販売のようは複数の方が関わってできているものや、初心者やグループの方に向けての商品が中心になります。これは商品を利用する対象が別だと判断した関係です。また2店舗でお互いに補いながらできる利点があります。

今わたしができること。

たまり場を今後も維持していくためと、いくつかの問題解決にお店が必要になりました。そして私がみんなに貢献できることといったらこういった商品をつくっていくことしかありません。

そして体調問題と、対人恐怖症の再発です。スマートフォンやチャットアプリが触れなくなります。対面での会話をするとその後寝込みます。以前できていたことができなくなります。これから花粉の時期なので思考力と判断力がかなり落ちます。

しばらくスノーパステルができてから半年間ほとんどものづくりができなかったので、この間にやっておきます。

しばらくしたら戻りますのでまたあそんでやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です