Second Lifeの日々の実験や考察、バーチャルアダルトグッズや家具のレビュー。

クーロンアニメアバターは美しくなれる!

無料のアバターをどこまできれいにできるのかというのをやってみました。このアバターはクーロンSIMのオーナーのマグナムさんが作成されたもの。それをベイクオンメッシュ化して有料アバターにどこまでちかづけるかの実験。私の技術だとこれが限界でしたが。

BoM化の恩恵で自由にAlphaマスクが作成できます。これでリグ入りの髪の毛がつけられるようになります。それでも一部の髪のみですが。通常の頭より一回りかふた周りほど頭が大きく作られているようです。

装着アイテムなこんな感じ。唇、頬、アイライン、眉毛など個別のアイテムになってます。

ベイクの状態はこんな感じです。Textureさえつくれれば下着や靴下やタイツなどつけれますね。あとは日焼け跡とかほくろとか、爪も追加でつけれたり付け替えたりできますね。
Textureの重ねができますので、目の上にハートを重ねればハート目も自由に選べるようになります。

クーロンアバターは無限の可能性を秘めています。ですが現時点で初心者むけというわけでなく玄人向けのアバターのようです。顔のシェイプはASRより難しく感じました。またBoM化が非常に複雑でした。BODYはかなり複雑な構造をしています。顔をいじるHUDもほとんど触れません。Textureが勝手にかわって大変なことになります。視線も動かせない状態です。

BoM前提になれば、だれでもつかえるアバターになる可能性を秘めています。ただ服は少ないですし、skinもリンデン製アバターのようにモデルデータが手に入らないので3D上で確認しながらベイクや着色はできないのでTextureを作る側も難易度高いと思います。服もおなじですね。

公式の服はMOD不可が基本?なので色変えもできませんので工夫しにくいのが難点。それでもMaitreya服でもkemono服でも、BoMのアルファマスクがつかえますので露出が低い服ならある程度着れそうです。

現時点で、マーケットプレイスでも購入できますが、古いバージョンのみです。BENTO化avatarはインワールドストアで購入してください。本体はL$0です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です